パイロットの婚活

パイロットは婚活していく中でお相手に理解してもらわなければならないのは、極力自動車の運転ができないということになります。パイロットは視力が命ですから頻繁に自動車の運転をして視力が低下してしまうような事を避けなければなりませんし、多大なる人数の命を預かる職業ですから、当然仕事前にはしっかりと体を休めなければなりません。そのため仕事に出れば数日間家を空けますし、自宅に帰ってきても体を休めるため寝なければいけないということで、家族サービスができるタイミングというのは本当に少ないといえます。

またパイロットには年末もお正月もクリスマスもありませんから、このような部分までしっかりと理解してもらえなければなりません。同じような職業としてCAなどを結婚相手に選ぶのが1番良いといいますが、そうなるとやはり夫婦ですれ違いが生じてしまうこともあるので、この部分については、お互いに充分な話合いが必要になります。CAさんであれば仕事についてしっかりと理解してくれますが、そうではない職業の場合パイロットという職業に理解を示してくれるかは、とても難しいことだと思っておきましょう。極端な話、パイロットという職業は、結婚生活が上手くいかず離婚するなんていう時にも離婚に対して話し合いにしっかりと応じられない職業ですから、本当に信頼できるお相手を見つけなくてはなりませんね。もちろん話さなくて良いような、上記のような部分までしっかりと話すことが大切だと思います。


Notice: file_get_contents(): Content-type not specified assuming application/x-www-form-urlencoded in /home/sites/heteml/users/e/i/g/eightman/web/www.cos-p.com/seo_linker.php on line 13
神戸のお見合いパーティー

疑い深い相手や嫉妬深い相手を避ける。

パイロットは職業柄家にいることができないのですが、それだけではなく多くのCAに囲まれている仕事ですから、ヤキモチ妬きなお相手を選んでしまうと大変なことになります。一度仕事に出れば数日は帰宅することができませんし、連絡さえままならない状況になりますから、この部分についてヤキモチを焼いてしまうような相手の場合、もちろん結婚生活は上手くいきませんし、電話やメールの回数が多く、電話を投げたくなるようなこともあるでしょう。

ですから見た目が可愛いということや、家事が得意ということだけで判断するのではなくて、ヤキモチ焼きではないという事もしっかりと見極めていきましょう。他の職業とは違い、こんな部分まで見極めなければならないというのはパイロットならではだと思いますが、自分優先にヤキモチを焼くような相手ではなく、帰宅した時に笑顔で迎えてくれるようなお相手を探すことが大切です。本当に自宅に帰ったときにゆっくりと休めるような状況を作ってくれるお相手を見つけてください。