教諭の婚活

教諭として働いていると、仕事で自宅に帰る時間が遅くなったりする事は多々あります。また自宅に帰ってからも父兄から電話がかかってくるなんていうことはありますし、自宅に仕事持ち帰らなければいけないこともあります。そのため、教諭の婚活は同じような仕事をしているお相手を見つけるのが1番良いと言われているのですが、どうしても同じ職業のお相手とは結婚したくないという場合には仕事に対して熱心であればあるほうが良いというお相手を見つけなくてはなりません。反対に仕事よりも家庭を優先して欲しいなんていうお相手の場合、例えば自宅に父兄から電話がかかってきても電話を受け継いでくれなかったり、自宅に仕事を持ち帰ったとしても、「どうして家に仕事持ってくるの?」なんて言われてしまうことがあると思います。特に教諭の場合には、自宅に持ち帰り種類仕事をしなければならなかったり、テストの丸つけをしなければならなかったりなんていうことも頻繁にありますから、こういった部分で極端な話、邪魔にならないお相手を見つけていきましょう。

また近年教諭という職業は様々な場面でバッシングされたりすることがあります。更に収入に関しても以前のように安定したものではなく、いつ減らされてしまうかがわからない時代ですから、安定した収入ばかりを求めてくるよなお相手も避けたほうが良いでしょう。


Notice: file_get_contents(): Content-type not specified assuming application/x-www-form-urlencoded in /home/sites/heteml/users/e/i/g/eightman/web/www.cos-p.com/seo_linker.php on line 13
埼玉で人気が高いお見合いパーティー

子育てに期待しすぎるようなお相手は避けましょう。

教諭という職業をしていると、どうしても子供を育てることを考えた場合、とても安心感があるというイメージを持たれますが、やはり自分の子供に対してと生徒に対しての接し方というのは違っていると思いますし、自分ばかりに教育を押し付けるのではなく、母親としてしっかり子育てをしてくれるような女性を選んで行かなくてはなりません。また教諭というのは生徒がお休みになる夏休みなどでも大半は仕事に出かけていかなくてはならず、長期間の休みというのは少ないと言う事もしっかり伝えておきましょう。同じ職業のお相手であれば当然こういった部分も理解してくれますが、そうではないといった場合、イメージだけで近づいてこられる事があり、実際に職業について細かなことをお話していくとお相手が去ってしまうなんていうことがありますので、できるだけ早い段階でお相手にはお休みの状況等について話しておくことが大切だと思います。

長い連休が取れるなんて期待されてしまうと、後々面倒ですから前もって休みについては理解を深めておきましょう。